So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「奏墨」野村昌司風画展~宇宙のいろ~ [お知らせ]

宇宙のいろ.jpg
「宇宙のいろ」(部分)

「奏墨」野村昌司風画展~宇宙のいろ~ ㏌ 「ラ・ネージュ」
 会場いっぱいの皆さんの中で、初めてのドキドキのライブペインティング、あれからもう1年!「宇宙のいろ」として完成した作品のお披露目を兼ねた「奏墨」の展覧会を25周年を迎えられる京都・伏見の「ラ・ネージュ」で開催します。
 「奏墨」の大作、「銀河」シリーズ、宇宙シリーズ、新聞でスケッチの大作裸婦群像等、美術館仕様の大きな作品を一堂に並べてみたいと思います。
 「ラ・ネージュ」の白い空間にきっと映えてまた違った作品の顔を見せてくれるでしょう。作品どうしがどんな風に響き合うのかも楽しみなところです。
またオリジナルの独特の味わいを持つ、中小の奏墨作品も合わせて楽しんで頂きたいと思っています。
 「ラ・ネージュ」展覧会イベントとして今回は、1分間の絵のライブ(野村昌司が1分間でスケッチするところを直に見てもらう)とトークを交えての簡単な1分間の絵のワークショップ(体験コーナー)を開催します。作品のエネルギーが流れる空間の中でアートな時間を楽しみながらともに遊んで頂ければ嬉しいです。

☆「奏墨」野村昌司風画(フーガ)展~宇宙のいろ~☆

2018年5月19日(土)~26日(土)
11:00 AM ~6:00 PM
入場料:500円(お茶付き)高校生以下無料

❖“1分間の絵”ライブ・トークとワークショップ
5月20日(日)、23日(火)、26日(土)<14:00~15:30>

「ラ・ネージュ」:〒612-8036京都市伏見区桃山町立売58  ℡090-8141-6350

image2.jpg



nice!(6)  コメント(1) 

形への同一化 [新聞ですけっち]

ss2a.jpg

形あるものが確かなもの。形のないものは不確か。
これは以前にも書いたことがある。
コレがまったく逆であるとは本当に驚くしかない。

目に見えるものと目に見えないものと言い換えてもいいかもしれない。
いずれにしても誰に騙されたわけではないが、信じてしまっている所がまた驚きだ。

人の2重構造のエゴと本来の自分。
このうちのエゴは形あるもの、目に見えるものしか信じようとはしない。
ここにエゴによる形への同一化が起こる。
そしてその同一化した世界しかないと思ってしまう。

起こる事象や事柄は本来ニュートラルな存在。
それにエゴは色々とレッテルやラベルを貼って特別なものにする。
そして自らその中に入って、より世界を狭める。
時には苦しみや恐怖を持って。

そろそろ、エゴを超えて本来の自分に戻るときが来た気がする。
おおよそ殆ど一日中エゴに支配されている己が姿。
過去と未来しか見ない世界。時間に支配される世界。
今にあることができないのもエゴの性格だ。

今しかないことが永遠の証。

やがて形あるものは滅んでいく。
形のないものは永遠を生きる。
こんなことが現実として認識され始めている。

nice!(57)  コメント(15) 

新しい年 [ゲートウエー]

2018犬a.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

時代は大きく変化しています。
目に見えるところではそんなに分からないですが。
目に見えないところでは大きな動きがあります。

一つ今年は目に見えないところに注目してみてはどうでしょう。

何か占い師のような意見になりましたが。
お許しください。

そして、やっぱり、いい年になると思います。


nice!(52)  コメント(9) 

神のまにまに [新聞ですけっち]

ss1a.jpg
「新聞紙に奏墨」

今年ももう終わりです。時のの流れの速さに驚きます。
いつも思うフレーズ。
何か気の利いた言葉が浮かべばいいのだが。

年を重ねることはすべて衰えていくことと思って、悲しくなる。
人の定めとは言え、何か他に良いことはないのだろうか?

やっぱり何かありそだ。
そうでなければ生まれてきた意味がない。
そんなことを思い続けてきた一年でもあった。

この世界は3次元世界、正確には4次元世界。
これはエゴが支配する世界と言ってもいい。
本来、人はこのエゴと本当の自分との2重構造。
ほとほと、ほとんどの時間はこのエゴに支配されている。
悲しいことにこの支配されている自覚がない。
もっと言えばこのエゴが自分であると信じ切っている。
ここにこの悲しさが宿る。

エゴは幸せ感と平和さを味わうことはない。
ひたすら欲を満たすことを第一に考えている。
まぁーいろんな欲がある。
そしてそれを何とか一生懸命、時には努力を惜しまず、
得ようと必死に働く。誰よりも多くと。

そしてそれを得ても満足するのはほんの一瞬。
また新たな欲を求めて走り始める。

人はそんなことを永遠に繰り返してきた。

一つエゴから離れてみてはどうだろう。
エゴを本当の自分が眺めるのだ。
その位置が5次元の世界。

そして自分がエゴではないという認識が目覚め。

どうもこのことを知るために生まれ、今まで生きてきた気がする。

その世界からゆっくりと眺めて見れば、世界は美しいはずだ。
神が創った世界だ。

あるがまま、神のまにまに。


nice!(33)  コメント(11) 

個展が終わりました。 [お知らせ]

山下洋輔nytrio.jpg

京都、ギャラリー中井での個展が終わりました。
いつもと違っていろいろな作風の作品を展示しました。
「悠・融」の名にふさわしく、作品それぞれが融合し、あらたな世界を創り出しました。
来ていただいた方々、ありがとうございました。

何かゆっくりゆったりと時間が流ました。
また新しいエネルギーが生まれてきた気がします。

9年前に個展会場のすぐそばにある Live Spot LAGで
山下洋輔ニューヨークトリオのライブを聞いているときに、
突然描きたくなったライブスケッチ。手元にあった紙の裏に描きました。

今回、この展覧会の会期中に彼らのライブがあるというので
これも何かの縁と簡単な額装をして、ちょっと楽しい気持ちで特別に展示しました。

ライブ前、ラグのオーナーさんと一緒に、ニューヨークトリオの皆さんが展覧会場に。
「僕はどこにいるの?」 「これが僕?」 「確かに僕だ」 
などと皆さん喜んで和やかな雰囲気の中でのスナップ写真です。

洋輔さんもとても丁寧に一枚一枚の絵を見てくれました。
ベースのセシル・マクビーは特に熱心で楽しんでくださったようです。

彼らが帰ったすぐその後で東京からの友人が思いもよらず何年か振りに会場に
来てくれました。ビックリでした。
そして今しがた「山下洋輔さんが来たんですよ」と言ったとたん、
「え~、洋輔さん! 洋輔さんは若い頃、父にかわいがられていて、うちにもよく遊びにいらしてました。私もよく存じているんですよ」と。 

思わず口が開いてしまいました。何ともです。

あくる日、洋輔さんにそのことを伝えると「はい、お世話になったんです。」
「こう言う偶然が起こることがとても面白いんですね。」

何か不思議な世界と思いもよらないエネルギーが展覧会を覆ったようです。

偶然の出会いもまた展覧会の醍醐味でもあります。
次回はどんな出会いがあるのでしょう。

yt.jpg

nice!(50)  コメント(11) 

「風画」展 ~悠・融~ [お知らせ]

悠々a.jpg
「悠々」

2017n3.jpg

野村昌司「風画」展~悠・融~11月7日から…京・三条木屋町「中井」
 油彩画の新作を中心に、今回は京都初お目見えの「ペルソナ」の大きな作品等、新聞でスケッチの群像大作、それにこれまでの油彩作品のお気に入りの作品等、様々に融合させた形での展覧会にしたいと考えています。
 特に京都での作品展は「新作を並べたい」と20年以上こだわってきましたが、「そろそろ違った観点の作品展もいいのでは…」との考えもわいてきました。
昨年のテーマ「ほどける」から「悠・融」へ。「悠」ゆったり、落ち着いた心、はるか果てしなく広がる心持ち、「融」滞りなく通る、和らぐ、心が解け合う、作品同士が融合し溶け合ってまた新しいエナジーを生み出す…そんなことを願って作品展を開催したいと思います。
 このところ油彩も奏墨もメインは大作が多かったのですが、なぜか今回は小さいキャンバスが目について、油彩画の新作たちは小さめの作品が多くなりました。案内状の「悠々」や「青い街角」3部作等々どの作品も「今まであまり描かなかった画題」!に取り組みました。   
小さい画面ながら充分に時間をかけ丁寧に仕上げていく、より繊細で奥の深い世界を追求した感じです。一味違った世界がお楽しみいただけると嬉しいです。
 どうぞお運びください!ゆったり心豊かな時を場を、ご一緒できれば。会場でお持ちしています。

nice!(52)  コメント(10) 

杣人(そまびと) [ゲートウエー]

月の山c1a.jpg

油彩画:月の山

すっかりと秋の気配ですね。
いつもめぐる季節は美しいです。

杣人を「そまびと」と読むんですね。
何年か前の市町村統合の時にわが故郷は京都市になりました。
今ではもうない地名の郡の歌の一節に

[ムード]~杣人が打ち振るう斧の響きよ~[ムード]

というのがありました。

子供のころは意味など気にしないでいたものだから、
杣人も分からずに歌ったものです。
なかなかいい歌だったので覚えていたのでしょう。
大人になって随分してから辞書で杣人を調べ、木こりの意味だと知りました。
へぇー、粋な呼び方だと感心しました。
日本語の持つ美しい表現を改めて感じました。

言葉で人に伝えることは難しいです。
相手の理解の範囲、程度が違うからです。
でも言葉の響きから感じられる世界は素晴らしいものです。
その言葉の奥にある意味合いを感じることができれば。
日本語にはそんな要素がたっぷりです。
言葉からにじみ出てくるものを感じながら生きたいものです。

ちなみに上記の絵は僕が生まれた家の裏山です。



nice!(45)  コメント(11) 

右脳と左脳 [ゲートウエー]

1998.5風神a.jpg
油彩画:風神

夏も本番。
今年、京都はこの50数年で湿度がいちばん高い夏だそうです。
これがこたえるんですね。
京都は本当に蒸し暑さで胸がはれるんです。

この何とも言えない暑さで脳がぐちゃぐちゃになっています。
日頃、脳など全く意識しないのですが、脳は大きく右脳と左脳に分かれているらしい。
僕はお金の計算ができないことや論理にかけるところから右脳人間だと思っていた。
ところがそうではないらしい。

右脳を使うことは実は特殊なことなんです。
特に現代人はほとんどの人は左脳人間だと思います。
幸せ感、大らかさ、平和感覚、豊かさなどこれは右脳領域になります。
左脳は感情的な、まぁー言ってみればエゴ全般を司っている。
何かそんな感じをこの頃持っています。

怒りがこみ上げた時さてその時脳のどの部分が活性化しているか、
ちょっと意識してみるとわかります。
右脳の活性化が今の時とても必要な気がします。

右脳と左脳のバランスが取れれば前頭葉が活性化され、新たな人類の世界が始まる。
そんな気がしてなりません。

1998.5雷神a.jpg
油彩画:雷神


nice!(47)  コメント(11) 

京の夏 [time~sky]

gion6a.jpg

夏の訪れ。
しばらくブログもご無沙汰しています。
久しぶりの投稿になります。

京都では祇園祭真っ最中です。
祇園祭と聞いただけでその独特の空気感が押し寄せてきます。
暑さと湿気とそして人の融合。
ジワリジワリとそんなに激しくはない祭りですが、
何とも言えない風情です。

先祭りと後祭りに分かれてからはまだ行っていないのですが、
このところの観光ブームでどんな感じになっているんでしょう。

蝉の声もやはり、このころになると気になります。
日本中が熱帯のような気候。
でもセミはそんなに鳴いていないのです。
どこかに行ったんでしょうか?

やっぱり、自然が気になります。
そんなことも含めてまたぼちぼちとブログをUPしたいと思います。


ライブペインティング [奏墨]

ライブ作品1b.jpg
ライブで描いた奏墨(まだ完成品ではありません)

「四方有紀による 野村昌司 コレクション展」 が終わりました。

『コレクション目的で集めたわけではないが、気がつけば21点の作品が集まっていた。
そしてその作品を展示してみたいと思った。』 と四方さんは語ってくれた。

初めてづくしの展覧会でもありました。

☆20年に渡りコレクションされた一個人の作品を一同に展示する。
☆お茶付でワンコインの入場料を頂く。(高校生以下は無料)
☆初めて絵を描くところを見ていただくライブペインティング。

音楽の世界ではプロの場合は必ず入場料が必要だ。
でも絵の世界では必ずしもそうではない。
逆に接待してお茶、お菓子などを振舞いながら見ていただくのが常。
なんだかおかしい世界だなぁーと思いながら。

結果、入場料を頂いたおかげで充実した展覧会になりました。
見ていただく方はより真剣にその世界に入って鑑賞してもらった気がします。
会場の空間にある種、特別なエネルギーが流れたようです。
また絵画空間の中で、作家や主催者、訪れた方どうしが気兼ねなくゆったりと語らい
交流し合う場になりました。
小さな一歩ですが一石を投じた想いです。

放たれたエネルギーはその振動数に基づいて広がっていきます。
そしてそれは必ず形を変えて戻ってきます。
宇宙原理でしょう。

ライブの動画をUPしたのですが上手くできたかどうか。
下記をクリックして下さい。



前の10件 | -
メッセージを送る