So-net無料ブログ作成

国際短歌大会 [time~sky]

毎年行われる「星と森国際短歌大会」に今年も参加した。第10回の記念大会、去年もこのブログに書いたのだが残念ながら消えてしまった。全国から4000首を超える短歌が寄せられ、応募数も毎年増えている。大賞1首、副賞2首とそれぞれ賞金が出される。賞金が出る短歌大会も珍しいのだが、歌を披講するという事も宮内庁の歌会始め以外ほとんど行われていない。披講とはある節で和歌を歌い上げる事だ。8人の披講集団による受賞歌の朗詠は見事なもので、一気に空間のエネルギーが変わる。日本文化の根底にこの歌の披講があり、エネルギーを時として自在に操っていた古代の人びとの大いなる力をあらためて感じた。今又そのエネルギーを使うことが求められている気がしている。言霊の響きによる心地良さを十分に味わった貴重な日だった。

s4.jpg

ムーントーク :「ワクワクするエネルギーワーク」



nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(1) 

nice! 17

コメント 6

ksmc

「星と森国際短歌大会」初めて知りました。
HPにチラリとお邪魔して来ました。
英語部門はローマ字で日本語なんですね。
選ばれた短歌は、どれも胸に響きました。
青の風画さんも作られるのですか?
by ksmc (2008-08-01 04:45) 

rira

まさに 文化ですね♪
空間がかわり その空間を味わうことが出来るなんて ステキですね!
by rira (2008-08-01 09:07) 

tio

静かな場所で、しんみりと短歌を聞く。。。。
日本人の心ですね。
小生は、駄目ですが、襟をただして会場で短歌を聞いてみたいです。
by tio (2008-08-01 16:04) 

旅人

短歌を声にだして
読むというのは良いですね

たまに朗読会なるものにいくことも
あるのですが
やはり言葉を
声にだして読むことによって
不思議な力を持ってきますね
まさにおっしゃっておられるエネルギーを
感じます それと人による声の違いにも
おもしろさを感じました
by 旅人 (2008-08-01 19:44) 

青の風画

ksmcさん
そうですか。見て頂きましたか。
自費を投じて開催されています。頭が下がります。
一流の歌ばかりです。
僕も南青山短歌会に入っていて、1ヶ月に一度
歌をメールで送っています。駄作ばかりです。


riraさん
文化の持つ意味は大きく、これからの時代はまさに
重要な役割を担う事になります。
エネルギーの変化を目の当たりにするのは
嬉しい驚きです。


tioさん
神楽坂の日本ペンクラブで行われています。
来年は一緒に如何ですか?
自分のエネルギーが上った気がします。


旅人さん
そうです。声に出して謳うことに意味があります。
その発するエネルギーが大きな力を持ちます。
と、大袈裟に考えなくても気持ちがいいのがいいです。
声を出すと朗らかになるのは間違いがありません。
心から声を出す事が少なくなったのかも知れません。
by 青の風画 (2008-08-01 21:25) 

Delica☆

言霊の力はすごいと思います。
言い続けることで実現することがたくさんありますから。

昨年亡くなった祖母(享年96)は、人生の70年余を
短歌でつづっておりました。


by Delica☆ (2008-08-06 11:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る