So-net無料ブログ作成
検索選択

ありのままを見る [ゲートウエー]

2006.6SINFONIAa.jpg
油彩画 :「sinhonia」

「人間は考える葦である」 
考えることが人間の優れた所。確かに。

だが絵を描くときにはこれがどうも邪魔になってくる。

「ありのままを見る」ことは当然のように日常的に行っていると。
でもほとんど自分勝手にものを見ているのが現実だ。
同じものを見ても人によって感想が違うのもよくある話。

考えることいわゆる「思考」。
これが曇りガラスのように多くを覆い隠してしまう。
自分も覆い隠してしまう。

自分の奥深くある静かな湖。
本来の自分の存在する所。

芸術はここから生まれてくる。
「ありのままに見る」 こと はここで見なければ見ることができない。
「ありのままに見る」 と そこで大きな力を発見する。


nice!(83)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 83

コメント 9

yoko-minato

ありのままに見る・・・と大きな力を
発見できますか!
確かにそのままありのままに見ることは
難しいかも知れませんね。
by yoko-minato (2015-04-01 14:26) 

きよたん

いい青ですね
素敵な絵です
すべての雑念を除外し無になり
そんな時に描いた。。のかな
by きよたん (2015-04-01 21:18) 

風船かずら

ありのままをみることは難しいが、真実はそこにしかないのだろうと思います。思考については同意見です。本来の自分をさぐりだしてそこからみるのでなければ、振り回されているだけと思います。青の風画さんは芸術家なのだと思います。
by 風船かずら (2015-04-01 21:54) 

末尾ルコ(アルベール)

パスカル「パンセ」は座右の書の一つです。文章によってはいまだにかなり手強いですが。
「世界をどう見るか」・・・この大きな命題に無頓着な人が多過ぎますね。

                            RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2015-04-01 23:51) 

rosemary

思考の深さが自身を雲の中へ誘うことを多く経験しています。
この頃、過ぎないこと=中道を意識し始めております。
しかしながら、自分のありのままはまだみえてきておりません。

by rosemary (2015-04-03 00:59) 

アールグレイ

美しい女性の姿に、きりっとした意志の強さも感じる素晴らしい絵ですね。
ありのままを見るというのも、実際に見えているのか判断も自分自身ですね。
客観的にも見れる自分の存在でもいられたらと思います。
素直に受け止められる自分でもありたいです。
by アールグレイ (2015-04-03 21:56) 

o-sami-o

こんばんは、お久しぶりです。
半年ぶりのご訪問ですが、お元気でいらっしゃいましたか?
綺麗な青に、いつも素敵な気分になれます。
by o-sami-o (2015-04-04 23:30) 

yoriko

しなやかで美しい姿ですね
ありのままの自分を出すのは時として難しい場合があり
ありのままの自分を半分以上抑えて生きているように
感じる時もあります。でも毎日楽しいから良しとしてます^^

by yoriko (2015-04-05 22:19) 

青の風画

☆yoko-minato さん

何かにつけて自分の思うように物事を
見てしまう傾向があります。
そんな所が錯覚になったりします。


☆きよたんさん

ありがとうございます。
いやいやとてもそんな心境には至りません。
目指したい所です。


☆風船かずらさん

思考の思い込みは厄介なものです。
思考が自分を支配していると言うと
言い過ぎになるでしょうか。
本来に自分にいたいものです。


☆末尾ルコ(アルベール) さん

意識することが大事なんでしょうが。
輪の中に入っていては見えないものがあります。


☆rosemary さん

自分をありのままに見る。
これは凄いことです。
まだまだとても至りません。


☆アールグレイ さん

ありがとうございます。
ありのままに見ることは客観的に見れること
だと思います。
そうなれば世界が変わります。


☆o-sami-o さん

お久しぶりですね。お元気でしたか。
ありがとうございます。
桜はそろそろでしょうか。


☆yoriko さん

ありがとうございます。
プロのダンサーを描きました。
ありのままでいれる事が楽しみに繋がるんでしょうね。


by 青の風画 (2015-04-14 16:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る