So-net無料ブログ作成
検索選択

女神やま [ゲートウエー]

女の神c1.jpg

油彩画 : 「女の神」

最近、山登りのテレビ番組を好んで見る。
まるで自分が登っているような臨場感が好きだ。
寝転がって山を登る。

子どもの頃は毎日のように山を登って駆け巡っていた。 が 。
それ以後、大人になってから一度だけ2530メートルの蓼科山に登っただけ。
しかも7合目からだから1000メートル弱の登坂だ。
子どもが勝手にドンドンと登り始めたので、あわてて後を追い、
登る予定が無かったのに登ってしまったと言う無謀な話。
もう20数年前のこと。

この絵はそのときの蓼科山。
「女神山」とも言われる。
毎年、何かに導かれるようにこの山を訪れる。
懐の深い稜線は佐久平に落ち、その向こうの浅間山に目が移る。
「男神山」、浅間山の別名。

二つの対峙する山が美しい。

紅葉の季節にまた訪ねてみようと思う。



nice!(83)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 83

コメント 8

きよたん

山や湖は神聖な世界
そんな場所に身を置くと邪念も空気に溶けて行き
心静かになれるような気がします


by きよたん (2015-10-01 13:31) 

末尾ルコ(アルベール)

至る所に「神」を感じてきた人間の「心」をよき方向で復興させたいものです。

                         RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2015-10-01 17:10) 

rosemary

神様がたくさん宿るこの国にしか発揮出来ないパワーがこの世の平和の導きのひとつとならんことをと祈ります。
by rosemary (2015-10-02 01:26) 

yoriko

私も独身の時は山に良く登りました
苦しいけど頂上に着くと達成感があって清々しい気持ちになったものです
でも今は山は遠くで見るものになってしまいました^^:
by yoriko (2015-10-02 18:05) 

yoko-minato

長野は夫の故郷なので40数年行ってましたが
どこにも出かけませんでした。
帰りに蓼科によったことがありました。
最近の里帰りはやっと観光もできるように・・・
蓼科、女神湖、軽井沢などに寄れるようになりました。
でも秋の紅葉やリンゴが色づくころは知りません。
いつか行ってみたいです。
by yoko-minato (2015-10-04 14:52) 

アールグレイ

蓼科山は、女神山という美しい別名もあるのですね。
対応して、浅間山があるのですね。
何かに魅かれるようにして、登山もあるのでしょうね。
独身の頃は、近辺の山に何回か登ったことがありますが
長いこと登山はしてないです。
頂上のあの達成感、すがすがしさは、体験しないとわからないですね。
やや丸みのある尾根が、滑らかな曲線の穏やかな感じで、女神というのがわかります^^

by アールグレイ (2015-10-04 16:47) 

森のノーム

蓼科山も浅間山もたびたび眺めます(*^_^*)
美しいです、とっても。
女神と男神なのですね☆

by 森のノーム (2015-10-30 11:50) 

青の風画

☆きよたんさん

本当に邪念が洗われます。
静かなときを過ごす。
今一番の贅沢です。


☆末尾ルコ(アルベール) さん

そんな時代がやっとやって来たような
気がしています。


☆rosemary さん

もうすでに、そうなることが実際に
現われつつ歩きがします。
いい時代の到来です。


☆yoriko さん

その達成感をもう一度味わいたいですが。
山の魅力は登って分かることかもしれません。


☆yoko-minato さん

是非訪れてください。
世界がまるでちがいます。
黄金の世界です。


☆アールグレイさん

不思議な山です。
八ヶ岳連峰の一番北にある山です。
独立峰だと思うのですが頂上はとても広いんです。
岩ばかりですが。

☆森のノームさん

それはとても羨ましいです。
今年の秋は天気が良かったので、
どの山もすっきりと見えました。
霧が峰からの富士も大きく見えました。

by 青の風画 (2015-10-30 15:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。