So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

現実が非実体 [新聞DE奏墨]

ss4a.jpg

暖かい12月、年の瀬を感じさせない気候ですね。
こんな時もあっていいんですね。
 
~はなをあつめて~展が終わりました。

「花は放(はな)」麗しき花たちを見ているとすべてが解き放たれていく。
無心になってただその美しさの中にいる…そんな感覚は「はな」ならではのもの。
その香りも伴って「物理的な形の世界と形のない世界をつなぐ橋のようなもの」とも…

この3次元の現実世界は非実体。
いかにも存在しているように思っているが。
やがてすべては過ぎ去っていく。

非現実の世界が実体。
ここは永遠の時間の居場所。

花を見ているとそんなことも想い馳せることが。

そんな3次元の世界で右往左往しているのが人間ですね。

もともと人類は5次元以上の高次元の存在。
そこから3次元の世界に次元を落として意識を投影しているのが現状。
3次元とはエゴの世界。
その世界では問題は決して解決しない。
解決しない世界で動き回っている。

キリストのいう「やがて放蕩息子が帰ってくる」と言う言葉が浮かんでくる。
そろそろ、本当の自分に帰る時が来ている気がしている。
エゴを越えた5次元の意識と言うことだ。本当の自分。

多くの人間の意識がそこに向かう時、世界がやっと変わり始める。


nice!(33)  コメント(4) 

nice! 33

コメント 4

末尾ルコ(アルベール)

いいですね~。そのようなご思想、大好きです。
グノーシス思想、新プラトン主義、あるいは近現代の神秘思想など、読み漁り、大きな影響を受けております。わたしの中で「完全な結論」は出ておりませんが、常に意識は「見えない世界」に信を置いております。
ご掲載くださっておられる作品、素晴らしいです!新聞写真とのマッチ感がインパクト抜群ですね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2018-12-06 00:33) 

yoko-minato

はなをあつめて・・・展が終了されたのですね。
どんな世界だったのかと思いを馳せています。

by yoko-minato (2018-12-06 16:47) 

きよたん

花の美しさはこの世のものではないほどの妖しく
羨ましい美しさですね
この世に花がなかったらと思うとつまらない世界です。


by きよたん (2018-12-06 21:10) 

rosemary

全くの同感です。
本当の自分へと集中できる、戻って行ける「歌う」を続けてゆきたいと思います。
そして自己と宇宙を信じ仰ぐことに静穏・平穏・調和・平和があると感じています。

by rosemary (2018-12-06 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。